Blu Room(TM)

Blu RoomTMは、ラムサのチャネラーでありラムサの学校の設立者でもあるJ Z・ナイト氏が、ラムサのチャネリング中に体験する臨死体験状態において、いわゆる「光の領域」を越えた世界を旅した数々の知識や経験に基づき、その世界の「大気」を地上に再現するために、マシュー・マルチネス医師と共に2015年にアメリカで初めて開発されました。

Blu RoomTMは、その「大気」を生み出すために意図的に設計された青い空間で、光と音を浴びながら自らを委ねて20分間横になるだけで、善悪、ポジティブ・ネガティブ、男性性・女性性などの二元性に翻弄される日常的な意識状態から開放し、「内なる根源」と整合するどちらでもない「真ん中」への回帰へと誘導します。何かの存在やモノによって特定の方向へ誘導されることはなく、自分一人だけの空間で内なる平衡と一体性を取り戻す体験へと導きます。

「場の空気感」に敏感な感受性の高い方や、瞑想やヨガなど精神的なトレーニングされている方は特に、初めてBlu RoomTMに入った瞬間から、その空間の素晴らしさを認識していただけます。そうでない方も、回数を重ねるうちにBlu RoomTMセッション後に起こる精神的、肉体的な違いを実感していただけます。

得られる体験は人によって異なり、「別世界を旅していた」「何かのビジョンを見た」「メッセージや答えをもらった」「愛で満たされて涙が出た」「心身ともに軽くなった」「久しぶりにぐっすり寝られた」など様々で、利用するたびに体験が違うという方もいます。また、回数を重ねるにつれて普段の生活でも「仕事が順調になった」「人間関係が変わった」「あまり悩まなくなった」など人生の変化を体験した方も少なくありません。

さらにBlu RoomTMセッションは、ラムサの教えを探求している方の場合はその内なる旅を、精神的なトレーニングをされている方の場合はその進化を強力にサポートします。また、アーチストやクリエーターの方からは「仕事がはかどる」、セラピストの方からは「普段難しいセルフメンテナンスに最適」と評価をいただいています。

Rising Bluは、2016年にアジア圏で最初の認定Blu RoomTMとして設立され、現在では国内で2カ所しかないBlu RoomTMの一つで、どなたでも利用できます。

この変化の時代に、内なるバランスを維持することは、望む未来に行くために重要です。Rising BluにおけるBlu RoomTMセッションをぜひ活用ください。

<参考:RSE(ラムサの学校)日本コーディネーターによるBlu RoomTM紹介記事

<参考:スピリチャル・マガジン「アネモネ」に掲載された紹介記事

(※ Blu RoomTMは、米国およびその他の国におけるJZナイト氏の商標で、彼女の許可のもと使用しています。)